ビットコイン(暗号資産)で資産運用

ビットコインをはじめとする暗号資産は今後浸透していくキャッシュレス化社会において一翼を担っていくでしょう。

ビットコインの中核技術であるブロックチェーンは分散型で改竄できない特徴を基に様々なサービスに取り入れられています。

銀行に預けても利子がつかないですし、老後の2000万円問題もありますので、なんとか資産を増やしたいと思う人も多いはず。

ここでは私自身が行なっているビットコイン(暗号資産)を活用した資産運用について紹介しています。

ハイリスク・ハイリターンの案件もありますので、参加される際にはリスクをご了承の上で参加してください。

「ビットコインを入手する」「ビットコインを増やす」「ビットコインを使う」

にカテゴリを分けて紹介していきますが、具体的に言いますと

日常生活の中で利用するショッピングや投資案件の配当からもらえるビットコイン(暗号資産)をオンラインカジノやFXに投資して増やして、バーチャルVISAカードや楽天edy、nanaco、auウォレットなどに変換するサイクルで資産運用していくというもの

当然、投資なのでリスクもありますが、元金となるビットコイン(暗号資産)を日常生活から貰えるものや登録キャンペーンを利用することで、初期投資を抑えたりしてリスクを低くしています。

2019年10月には消費税が10%になりますが、政府や企業は還元キャンペーンをキャッシュレス化で行います。

その為、キャッシュレスに対応した知識を持つ人、対応できる人が得する時代になるでしょう。

ビットコインをはじめとする暗号資産もこれからのキャッシュレス社会において、使えるようになっておくと、かなり有利になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です